鍵管理システムにはどんな機能があるの?

鍵管理システムは、他社多様で様々な種類があると以前の記事でお話ししました。

【10社徹底比較】どの鍵管理システムを導入するべきか?

今回は、もう少し詳しく、各システムの違いを見ていきたいと思います。

  1オペレーション管理・セキュリティ管理としてのシステム

it

1番多いのは、オフィスで使用する鍵の持ち出し状況等を、リアルタイムにIDチップ等で個別自動管理できるものです。
鍵の持ち出し状況が把握可能管理パソコンで、「誰が・いつ・どの鍵を」持ち出したかをオンタイムに見れるのでとても便利です。

 

chip

例えば管理側が鍵の使用履歴を参照しながら、遠隔地にいる社員に持ち出しの指示を行う事ができます。
このタイプは、鍵管理をしているボックスを利用者IDカードで開き、必要な鍵をLEDランプなどで通知指定する様なイメージで使用できます。

 

operator manphone
鍵ボックスタイプもあれば、鍵だけではなく金庫タイプや、重要物の出し入れができるように大型タイプなどもあります。
これ以外にも、各社それぞれで細かい機能の違いがあります。
鍵戻し位置間違い、又貸し防止、スケジューリング、タッチパネル、連続開放アラーム等々です。

 

  2個人でも手軽に利用できるオンライン鍵管理システム

pc

代表作はAkerunさんのスマートロックシステムです。
ユーザーは、スマートフォン・PC・タブレット・アイウォッチからwebを経由して鍵の開閉を操作できます。導入費も安く、個人単位で手軽に利用できる、Iotが身近に感じられるシステムですね。
店舗やオフィス、レンタルスペースなど、使用用途もたくさんあります。
さらに、24時間サポート体制というのもうれしいですね。機械には故障がつきものですから、本体が壊れたり、スマホを無くしてしまっても安心です。

 

  3リアルタイムキーマネージャー

key

当社のRTKMは、上記に挙げた全ての機能を集約し、さらに圧倒的なカスタマイズ性を備えたシステムです。
まさに良いところ取りなキーボックスだと言えます。
鍵のセキュリティ、使用履歴管理や従業員の勤怠・入退室管理は勿論、防犯防止、遠隔操作・予約もできる。
さらに、ユーザーへのメール通知、鍵の本数増加、管理システムを自社に合わせて変更するなどと多様的でリーズナブルです。
そんなに凄いなら実際に導入してみたいという方に、期間限定でお試しできますので是非お問い合わせ下さい。

s-rtkmlink

shiryo mitsumori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

285人の購読者に加わりましょう

サービス

social

PAGE TOP