車両管理システムとは【今更聞けない】

  車両管理システムとは

car1
社用車や運転手等の管理を、機械やクラウドを通じて自動化する仕組みを言います。
一般的に車両管理といえば、各車両の状態や使用状況、リースの契約状況等を管理台帳などで管理します。

 

  車両を管理する理由

事故率の軽減と、経費削減の2つが企業が社用車を管理する主な目的です。

 

・事故率軽減
jiko
社員が事故を起こした場合、修理費は保険の適用で何とかなりますが、損害賠償が発生するケースもあります。
さらに、管理責任の追及、事故処理に有する時間と労力、ニュースで報道されれば会社のイメージダウンにもなりかねません。
事故を絶滅することは難しいですが、きちんと行き届いた管理をすれば大幅に事故率を軽減することが可能です。

 

・経費削減
keihi
車両保険の見直し、ガソリン代の節約(燃費の良い車種にしたり、ガソリンスタンドと法人契約をしたり)、エコドライブ(アイドリングストップや、エアコン節約など、燃費の向上と安全運転につながる運転方法)を社員に徹底する事で大幅なコスト削減につながります。

  車両管理はとても大変

syayousya
運転日誌、運転者の管理、車両状態管理、事故管理、保険、リース…などなど、
把握すべき項目は膨大にあり、毎日全て完璧に管理する事はとても大変です。

管理をシステム化してしまえば、ミスも少なく、管理状態を楽に社内共有する事もできます。

 

一部代行するBPO(ビジネスプロダクトアウトソーシング)や、
CMS(カーマネジメントサービス)のような一括で管理してくれるサービスがあります。

 

又、Iot技術等を利用して車両が自動的にクラウドを通じて情報を送信してくれるテレマティクスと呼ばれるサービス等がリリースしています。今後も技術の発展と共に、人が手作業で管理をする機会も少なくなっていくでしょう。
bmw
もし、これから車両管理を本格的にやろうとお考えでしたら、是非システムの導入をご検討下さい。

分からない事があればご相談してみてはいかがでしょうか?
s-rtkmlink

shiryo mitsumori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP