鍵管理システムのここがダメだった【導入前に必ず確認】

  「ユーザーからクレームの嵐?」「社内でミスが多発!?」

womanpc

導入してから後悔しないように、鍵管理システムのリスクやデメリットを失敗例から把握しましょう

鍵管理システムは、多数のメーカーがそれぞれ独自の機械を提供していますが、
見た目や機能性は似ていてもそれぞれ内容は全く異なります。

導入する前にきちんと検討して、業種や使用方法に合わせたシステムを導入しないと、
思っていたイメージと違ったり、後々無駄な労力がかかってしまいます。

 

meetingmanwoman

 

例えば、下記のようなトラブル例が想定できます。

1・スマートロックを使用しているユーザー

●スマートフォンをかざしても急に開かなくなった
[coment・・・]本体の故障、又はデバイスの故障、操作ミスなどが考えられます。

wonderman

 

●スマートフォンを盗難されてしまい、そのまま泥棒に入られてしまった
[coment・・・]スマホにロックをかけていなければ、盗難に気づかず簡単に家に侵入されてしまいます。

mansmartphone

 

  2・鍵管理システムを導入した企業

●申し込みを済ませてから、実用開始まで3ヶ月以上かかった
[coment・・・]多機能で複雑なシステムであれば、その分設置までに時間がかかる事もあります。

●不必要な機能が多く、知りたいデータが分かり辛く混乱する

●利用者が使いこなすまでに時間がかかり、ミスが多かった
[coment・・・]複雑な情報管理画面だったり、不必要な警告メッセージが届いたり、使用方法によっては逆に効率が悪くなる機能もあります。

●他にもっと安くて使い勝手の良いサービスがあった

●システムの不具合や故障が多く、定期的なメンテナンスも必要だった
[coment・・・]安いから、機能が多いから、最新だから、という理由ではなく、適切なシステムを是非ご検討下さい。

manhand

どの例も、導入前にきちんと機能性を理解し、分からない点は問い合わせる事によって回避する事ができます。
ぜひお気軽にご相談下さい。

s-rtkmlink

shiryo mitsumori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PAGE TOP