太陽光発電施設に設備管理システムを導入すると?

メンテナンスや緊急時の現場立会いが不要に!

solar-power-862602_640
メンテナンスフリーと思われがちな太陽光発電施設ですが、実は保守管理を欠かすわけにはいきません。
遠隔地に設置した施設のメンテンナンスには現場の立会いが必要になり、移動などに多大なコストがかかってしまいます。
リアルタイムキーマネージャーを導入すればWEB予約システムを利用し、施設の鍵を自動貸出することで、現場立会いが不要になり、施設管理のコストを大幅に削減することができます。また、施設管理者は管理サイトで利用履歴を確認することができ、異常発生時はメールでの通知など、トラブルや不正利用を防ぎます。

  各種機器との連動で安全性が大幅にUP!!


リアルタイムキーマネージャーは鍵管理だけでなく様々な機器と連動できる拡張機能があります。防犯カメラや人感センサーなどセキュリティ機器や入退室管理システムとの連動で訪問者の履歴を見える化することができます。また、異常発生をメールで知らせることができるので、緊急時の対応を迅速化することができます。
24時間265日を無人管理でありながら、有人管理と同等のセキュリティを実現します。

  PV監視システムのメインユニットとして使用可能

WEB端末のプラットフォームがあるので、施設内の管理監視+αでPV監視が可能になります。
太陽光発電事業では、太陽光パネルの故障を長く放置することで大きな損失につながります。 PV監視システムを導入で、発電量低下を早期に発見てすることが、故障や異常発生時の復旧を迅速化させることができます。
PV遠隔監視システムを導入した場合、警報でパネルの故障を早期発見することができ、故障箇所をすぐに確認できます。また、記録データから原因を解析することもできます。復旧の迅速化が故障時の損失を大幅に削減させます。

リアルタムキーマネージャー1台で太陽光施設の設備監視・管理が可能になります。太陽光発電施設運営のコスト削減が確実に実現します。

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

s-rtkmlink

shiryo mitsumori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

285人の購読者に加わりましょう

サービス

social

PAGE TOP