TOP logo

マンションの共用施設管理にIot技術を導入

  共用施設の管理は悩みの種

マンションのメリットの一つとして言われるのが共用施設です。
特に大規模マンションでは、共用施設が充実していることが多いようです。
共用施設が充実していることはは嬉しいことですが、維持・管理費は居住者の負担です。
無駄な施設は大きな負担となり、資産価値を下げてしまうこともあります。

suspended-ceiling-784421_640

  Iot技術で共用施設を管理

そこで、共有設備の利用をもっと有効的にするために、Iot技術を導入する動きが活発になっています。
例えば施設の鍵の管理をオンライン予約サイトと連動すれば、
予約にかかる手間も簡略化でき、居住者は24時間気軽に施設を利用できるようになります。
メンテンナンスの予定や異常発生時も自動メール配信により、利用トラブルの発生も未然に防ぎます。

  便利さだけでなく、節約効果も

また、鍵の貸出をスマートキーボックスで自動化することにより
管理にかかる人件費も削減。
照明や空調を制御コンピュータで自動運転にすることで、
光熱費の削減もできてしまいます。
さらに、空き部屋や駐車場をシェアスペース化することにより、収益をあげることも可能になります。

鍵管理システム「リアルタイムキーマネージャー」を導入すれば
このような施設管理のIot化を比較的低コストで実現することが可能です。

ご興味のある方はぜひお問い合わせください。
⇩詳しくはこちら⇩
s-rtkmlink

  • このエントリーをはてなブックマークに追加