【PV監視にも対応】太陽光発電施設の管理システム

スクリーンショット 2016-05-30 14.03.58

基本的に無人運営の太陽光発電施設では、不具合発見・故障箇所の把握に時間がかり、
放置するほど損失が拡大していきます。

そのような問題を未然に防ぐにはPV監視システムの導入が有効です。

スクリーンショット 2016-05-30 13.59.26

PV監視システムとは、太陽光パネルのストリング単位の発電量・気象データなどを監視するシステムです。

    PV監視の重要性

メンテナンスフリーと思われがちな太陽光発電事業ですが、太陽光発電事業において、日々の運用管理とメンテナンスがとても重要です。
太陽光パネルや周辺機器の故障などで発電量が低下してしまうと、それが全体の中でわずかな量であっても長期間放置すれば大きな損失につながってしまうからです。
太陽光パネルのストリング単位の発電量・気象データなどを監視することにより、
発電量の低下(不具合)を早期に発見できるのです。
PV監視システムを導入で、発電量低下を早期に発見し、故障や異常発生時の復旧を迅速化させることがで、不具合発生時の損失を大幅に削減します。

     PV監視対応!太陽光発電施設の管理システム

弊社が開発した鍵管理システム「リアルタイムキーマネージャー」は、オンライン予約システムでの予約受付、ICカードやパスワードを使った認証により24時間無人貸出を行うことが可能で、遠隔の操作で鍵を貸し出すこともできる鍵管理システムです。

「リアルタイムキーマネージャー」は、鍵の管理だけでなく、セキュリティセンサーやカメラと連動でき、安全性を強化することができます。また空調照明の制御ができる高性能CPUを搭載しているので、施設内や遠隔地の電気設備を一括管理することが可能です。

リアルタイムキーマネージャーが1台あれば、
施設内の管理監視+αでPV監視が可能になります。
PV監視のプラットフォームが無料で提供可能!
さらに、鍵管理システムの活用によって
メンテナンスの現場立会いも不要になり、
導入、運用のコストを大幅に削減します。

⇩詳しくはこちら⇩
s-rtkmlink

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

285人の購読者に加わりましょう

サービス

social

PAGE TOP