太陽光発電システムの保守費用を削減

太陽光発電システムの保守コスト

solorpn (4)

太陽光発電システムを運用していると
自然災害等による故障など、トラブルが起こります。
太陽光発電システムは、期待寿命が20年以上もあり、メンテナンスにほとんどコストが掛からないと言われていて、メンテナンスフリーというイメージが長年に渡り根強くもたれてきました。
しかし、雷や台風などの自然現象等による故障や故障しなかったとしても経年劣化により性能の低下など予期しないトラブルが発生する可能性があります。つまり、故障せずとも何もしなければ年月を重ねるごとに利益が減少してしまうのです。

また、基本的に無人運営の太陽光発電施設では、不具合発見・故障箇所の把握に時間がかり、放置するほど損失が拡大していきます。
安心・安定した運用を行うためには、十分な知識と施工経験を持った
技術者に定期的なメンテナンスを依頼することが重要です。

  保守コスト

資源エネルギー庁の資料によれば、太陽光発電の維持費は、住宅用で3,600円/kW・年、非住宅用の維持費は6,000円/kW・年とされています。住宅用で4kWなら年間平均14,400円、非住宅用で100kWなら年間平均60万円となります。
住宅用は法定義務がなく、4年に1回以上の定期点検が推奨されています。

点検費用の相場は1回で2万円というのが、買取価格の算定基礎になっています。

メンテナンスや点検などの保守費用だけでなく、実際にメンテナンスや点検を行うには運営者の立会いが必要になり、また地方の遠隔地に多い太陽光発電施設では長距離移動や宿泊が必要になります。
もし年に4回定期点検の為に、遠隔地へ出向き立会いをしたとしたら、それだけで大きなコストになってしまいます。

  鍵管理システムで保守コストを削減

pcresponce

そのような課題に有効なのが、「鍵管理システム」の導入です。
リアルタイムキーマネージャーを導入すれば
メンテナンス訪問時の鍵の貸出を自動化し、
運営者の立会いを遠隔で行うことが可能になります。

また各種電気機器やセンサーと連動し、発電量の管理やセキュリティ対策も自動で行うことができます。
⇩詳しくはこちら⇩
s-rtkmlink

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

サービス

social

PAGE TOP