睡眠を記録していびきを治そう

doctor

最近では、いびきや睡眠改善に役立つ便利なスマホアプリが豊富にあります。
例えば、毎日の睡眠状況が簡単に記録できて、グラフで分かりやすく視覚化できるといったものです。
心地よいヒーリングサウンドや音楽で良眠を促したり、最適な状態の時にアラームを鳴らしたりと機能も豊富!

弊社のいびき解消アプリは、あなたのいびきに反応して録音可能。
いつどのような状態で、どんないびきをかいているかを計測すると原因の特定につながりやすくなります。

social_03

ダディーガガ Google Play ダウンロード ダディーガガ アップルストア ダウンロード

睡眠状況を把握する

Gagaやそのほかのアプリで眠りの状況を把握する事はとても大切です。
いびき以外にも、このような悩みをお持ちではないですか?

sleepy
・布団に入ってから、なかなか寝付けない
・夜中に起きてしまう
・早く起きてしまう
・総睡眠時間が少ない
・朝スッキリ目覚めていない
・起床後、疲れが取れた気がすない
・日中元気に活動できない

アプリで記録するだけで、悩みの原因特定、改善に役立ちますよ。

問題がある人へのアドバイス

advice

睡眠の質などでお悩みの方が気を付けるべき事をいくつかご紹介します。

・最適な睡眠時間
よく「8時間睡眠を取ると健康に良い」と言われますが科学的根拠は無く、今でも何時間がベストな睡眠時間かというのは論議があるところです。
人の平均睡眠時間は、年齢により違いが表れます。
20代までは7時間以上、30代になると6時間半、65歳をすぎると6時間未満になります。
私たちにとって必要な睡眠時間は、日中の活動量や代謝量により変わるとされています。
消費したエネルギーが多いほど、必要な睡眠時間も増えるという事です。

・寝だめは身体に悪影響
寝だめは睡眠リズムが乱れ、かえって身体が疲れてしまいます。
休みの日に2度寝してしまう方も多いと思いますが、ただ長い時間眠るのではなくきちんと朝太陽の光を浴びて活発に動いた方が夜もぐっすり良質な睡眠をとりましょう。

・できるだけ身体を動かしておく
人間の身体は、起きた瞬間から少しづつ睡眠欲求を蓄積しています。
徐々に溜まっていき、あるポイントまで溜まると睡眠に入ります。
つまり疲れたら眠るというリズムをもっています。
夜ぐっすり眠るには、日中身体を動かしておくことが大切です。
逆に、負荷をかけずにずっと楽な生活だと欲求は溜まらずなかなか寝付けない事でしょう。

是非、アプリを活用してスッキリ良質な睡眠をとりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

285人の購読者に加わりましょう

サービス

social

PAGE TOP