【2016年完全版】民泊ビジネスのノウハウ・スタートアップ・リスク&リターン・管理サポート

  なぜこれからは民泊ビジネスが賑わうのか

why

【理由】

・円安の影響もあり、日本に訪れる外国人の数が急増している。
・その数は、日本政府観光局(JNTO)の発表によると年間約2000万人にも昇る。
・2012年の約800万人と比べ、2倍以上に増えている。
・2020年までに3000万人を目標に観光立国化を進め、特に地方経済に恩恵をもたらそうとしている。

だが、2015年8月の宿泊施設の稼働率は、東京都で約8割超(稼働率が80%を超えると予約が難しくなる)。日本には旅行者を受け入れる宿の数が圧倒的に足りていない。

2015年末頃より話題になっているキーワード「民泊」。物件のオーナーが使用していない空き室等を活用するチャンスがきた。

  民泊のビジネスモデル

houseman

例えば、都内に一室15万円のマンションを借りているとしよう。
このマンションを一泊1万5千円で貸出し、月に30日空くことなく予約が入ったと仮定すると、光熱費やクリーニング代金を差し引いても20万円以上の利益が出る。これが何部屋もあれば、その分利益も増える。

世界最大級の民泊マッチングサイト「Airbnb」では、現在日本の登録物件数は2万件程と言われている。想定している訪日外国人の数よりまだ物件数が少ない。

現在空き物件を所有している人はもちろん、民泊ビジネスのためにマンション等を借りる人も増えるだろう。アクセスの良い人気エリアはもちろん、地方の観光地も訪れる観光客数が多いため狙い目だ。

  本当に参入するべきか

shout givekey

【リターン】

一般的な民泊料金の相場は、1泊が家賃の月額1割。つまり月に10日以上部屋が借りられれば、それ以上は全て利益になる。もし1ヶ月丸々予約で一杯にすることができれば、家賃×3-経費の収入が得られる。民泊は、農家や民宿、一般の自宅貸しが想定されていたが、今は不動産、マンションや施設オーナーもこぞって参入している。それほど大きな金額が動く市場となるだろう。

【考えられるリスク】

近隣住民とのトラブル(騒音、ゴミの放置等)、宿泊者の偽り(宿泊人数、別人の出入り等)、返却後のケア不足(~しっぱなし、禁煙の施設で喫煙、吸い殻のポイ捨て等)、家具や電化製品の盗難、鍵の紛失…etc
考えられるリスクはとても多く、さらに民泊ビジネスは法的に不確定要素があり(旅行業申告の有無など)ますので、きちんとした想定と理解が必要です。

  予約と鍵の管理を無人で一括管理

オンライン鍵管理システムRTKMを導入すれば、管理人が不在でも、登録したユーザーはwebから施設を予約し、現地で鍵の受け取り&返却ができます。管理側では、鍵と使用履歴の追跡が可能ですので、様々なトラブルの抑止になります。
まさに民泊ビジネスに参入するための必須システムとなるRTKM。商品の詳細はこちらのページより。

s-rtkmlink

shiryo mitsumori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

サービス

social

PAGE TOP