民泊ビジネスの悩み所「鍵の受け渡し」

心配な鍵の受け渡し

key-949094_640

民泊ビジネスが盛り上がる昨今、
参入を考えるオーナーも増えています。
しかしそこで悩むのが宿泊客の確認方法と鍵の受け渡し方法です。

東京都では民泊の特区として、大田区で条例を定めておりますが、宿泊客の確認方法についてはガイドラインには下記の記載があります。

「認定事業者は、滞在者が施設の使用を開始する際に、対面(又は滞在者が実際に 施設に所在することが映像等により確実に確認できる方法)により、滞在者名簿に 記載されている滞在者と実際に使用する者が同一の者であることを確認すること。」

http://www.city.ota.tokyo.jp/kuseijoho/kokkasenryakutokku/ota_tokkuminpaku.html

そのため、外国人宿泊客の確認には、直接確認する以外には、映像での確認などの方法があるようです。

宿泊客を確認した後に部屋の鍵を受け渡すこととなりますが、一番安心なのは、直接会ってカギを渡す方法。
これは外個人の秀句博客の確認も行為も含まれるのですが、
物件利用の際のルールなども直接伝えることができます。
しかし、受付の場所を用意したり、管理人を雇うとなると
コストがかさみ、中々利益を出すのは難しくなります。
スマートロックで、スマートフォンの操作で部屋の鍵を解錠する方法もありますが、
スマートロックの電池が切れるなどして反応しなかったり、スマートフォンを持っていない宿泊客への対応方法に懸念が残ります。

 

  鍵管理システム「リアルタイムキーマネージャー」を使用する

DSC00964

鍵管理システム「リアルタイムキーマネージャー」を利用すれば、鍵の受け渡しの悩みが解決します。

「リアルタイムキーマネージャー」は、施設の鍵を管理し、鍵に関わるあらゆる管理業務をIot技術で自動化・効率化するシステムです。
物理キーならば、電池切れで使えなくなることはありませんし、
スマートフォンがなくても、誰でも鍵の使い方は理解できます。
また、コストの悩みも解決します。
オンライン予約システムで予約受付、
ICカードやパスワードを使った認証により24時間無人貸出を行うことが可能な他、遠隔の操作で鍵を貸し出すことも可能となります。
セキュリティセンサーやカメラと連動すれば安全性も向上します。
空調照明の制御までできる高性能CPUを搭載しているので、ユーザー、オーナーの両方にたくさんのメリットあります。

s-rtkmlink

shiryo mitsumori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

サービス

social

PAGE TOP