【メリット&デメリット】鍵管理システムは本当に必要か?

  RTKMを導入すれば利益は上がるのか?

pigmoney
スマホのアプリから操作するだけで、鍵の貸し借りができたり、履歴管理ができたりと万能なキーマネージャーですが、果たして導入コストをペイ出来るほどの対価はあるのでしょうか。
考えうるメリット・デメリットをきちんと把握し、検討材料としてご活用下さい。

  鍵管理システムの導入メリット

 

●人件費の削減

jinkenhi
ホテルの予約、野球場のレンタル、カーシェア利用など、どの業種も受付をする人がいる事が普通です。
1日12時間、2名体制で運営しているとしたら、月に約72万円(時給1,000円×12時間×30日×2名)の人件費が発生します。
リアルタイムキーマネージャーのシステムがあれば、このコストをゼロにすることができます。

 

0en

 

●管理機能により運営効率アップ

keiri
RTKMには、使用履歴の管理やセキュリティ管理が可能で、異常をお知らせする機能などもあります。
人とは違いミスが起こらず、正確な数値とデータを瞬時に把握する事で効率の良い運用が可能です。
部屋数の多いマンションのレンタルルームや、台数の多い社用車管理などがとてもスムーズに行うことができます。

 

●トラブル防止とセキュリティ対策

security
例えば民泊対応のために、空き物件を外国人観光客に貸し出すビジネスに参入したとしましょう。
鍵の紛失、部屋の騒音や破壊、貴重品の盗難、未払い、強盗などのトラブルが想定できますが、対応・解決がとても困難です。

 

trouble
キーマネージャーがあれば、トラブル発生の状態をいち早く確認し、カメラなどが連動されていれば問題解決も楽になります。

人的資本がかからず、正確で効率が良く、安全面もバッチリなお役立ちシステムですね。

 

data

 

  鍵管理システムの導入デメリット

 

●導入時に費用がかかる

cost
機械代、初期費用、月のランニングコストは必ず発生する費用です。
この費用を支払うだけの利点がある事が、導入時に一番考慮すべきポイントではないでしょうか。
無料なのであれば、一家一店舗に一台あってもいいと思う程便利なものです。
家族で家や車の鍵を共有したり、友達とシェアハウスが楽にできますが、コスト面が見合っていないかと思います。
どの程度人件費削減や運営効率アップができるのかを想定し、導入の有無について検討してみましょう。

 

kourituup

 

実際にテストしてみないと分からないけど、是非トライしてみたい方もいらっしゃると思います。
ぜひ一度お話しをお聞かせください。
お客様のビジネスに対して最適なご提案を致します。

 

s-rtkmlink

shiryo mitsumori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

285人の購読者に加わりましょう

サービス

social

PAGE TOP