TOP logo

車両管理システムの価格や導入費用は?

tech-pc

クラウドでの情報管理、徹底したメンテナンスなどで車両管理を正確にし、効率化する。
システムの導入により、大幅な費用削減が見込めるでしょう。

しかし、導入とランニング費用が削減できるコストを上回ってしまうのではないか?という不安を抱く方も多いと思います。

 

  全面委託で業務改善とコスト削減、情報のトータルマネジメント

kanri

各社、素晴らしい管理サービスを提供しておりますが、全てBPOするサービス等の料金はとても高額です。

●サービス内容の例:

車両・顧客・契約・運転者情報の管理、整備・点検や保険・リース業務など
部分的にアウトソーシングできるサービスや、webで一元管理できるソフト等を利用すると安く導入できますが、

自社で行う場合も、人件費やソフト導入費がかかりますし、管理の質も心配です。
業種や管理する車両の台数により、システム導入の必要性は大きく変わってきますので、
サービスが自社に適切かどうかをきちんと検討しましょう。

 

  各サービスの費用

pigmoney

・トータルマネジメントサービス
システムの規模やサービス内容により全く異なりますが、
初期費用数百万円と数十万円程度の月費用という例があります。

月当たり1台3万円削減できると仮定すると、100台×3万円=300万円削減できことになります。
すると、導入月はマイナスでもその後は毎月プラスです。

 

kanri

・車両管理ソフト
無料のソフトもありますが、機能性や拡張性が乏しいのでできれば有料ソフトの導入をお勧めします。
ソフトの価格は、PC1台につき1万円程度のものや、100万円程度の高スペックタイプのものまであります。
自社の車両台数や業種によって検討しましょう。

smartphone2

  RTKMで車両管理

弊社のオンライン鍵管理システムであれば、導入・ランニングコストはとても安く抑えられます。
車両と運転者の管理、履歴追跡、スマホで車両の予約など機能はとても豊富です。

分からない事があればご相談してみてはいかがでしょうか?
s-rtkmlink

shiryo mitsumori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加