【民泊のトラブル】を全て解決するシステムの紹介

  民泊の流行

room1

政府の観光立国推進基本計画の成果か、2012年頃より訪日外国人旅行者数は年々増え続けており、2020年の東京五輪までにさらに増えると予想されています。
観光客が増えるという事はその分受け入れ先の宿が必要となりますが、現状で既にホテルや旅館の稼働率は高く、宿泊施設が足りておりません。
そして海外の方にとっては、日本のホテルは少々高く感じるそうです。

そのため、今まで使用していなかった空家等を格安で貸し出す「民泊ビジネス」が急成長しているのです。
Airbnbという世界最大手の民泊マッチングサービスがを仲介をする事により、さらに成長は加速しています。
日本だけでも、約2万件の物件が登録されているそうです。

  民泊の危険性やトラブル事例

womanpc

貸す家さえあれば誰でも簡単に、即始める事ができる民泊ですが、事件やトラブルに巻き込まれたという悲鳴が絶えません。
民泊問題と指摘される実際に数多く起こった事件とは、

1.家具や鍵、貴重品の盗難と紛失
2.近隣住民への迷惑行為
3.部屋を汚す、破壊する

robber

その他にも、時間を守らなかったり、宿泊人数を偽ったり、口論になったりで苦労するのが民泊です。

 

  トラブルを全てを解決するシステム

オンライン鍵管理システム「リアルタイムキーマネージャー」を導入すれば、上記のリスクを回避する事ができます。
RTKMの主な特徴は、

・オンライン鍵予約管理システム
・鍵の自動貸し出し
・お知らせメール通知機能
・利用状況の把握管理
・セキュリティ機能
・入退室管理

と、数多くの機能が役立ちます。

いつ、誰が部屋を予約・使用・返却したかをメールで通知して、使用後も履歴で状況を確認できます。
防犯カメラと連動させれば、何等かのトラブルが起きた場合でも解決に導いてくれます。

「RTKMの詳しい紹介はこちら」
「導入実例はこちら」

RTKMは民泊ビジネス運営の強い味方です。
少しでも興味がある方は、是非サポートまでご質問下さい。

s-rtkmlink

shiryo mitsumori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

サービス

social

PAGE TOP