TOP logo

Iot技術を駆使した施設運営・設備管理で経営を効率化

IoTの登場で、あらゆる種類の情報が、以前では考えられないほど容易に収集できるようになり、
それらの情報を活用するためのITインフラも整備されてきました。
このような環境の変化により、現場のみで利用されてきた情報を、業務システムと連携することで、
企業の経営に役立てようという動きが活発化しています。
その事例を紹介します。

  ビルの設備管理の自動化

highbuidling
エレベーターの保全にセンサーや通信回線を活用した遠隔監視システムを導入、
現地の監視カメラをインターネットでつなぐことで、現地に出動することなく、モニターで確認しながら扉やシャッターなどの設備を制御できます。また、電気使用量の見える化や空調制御などのエネルギー管理、入退室管理なども、パソコン1台で簡単に管理できます。

  発電所システムのスマート化

solar-power-862602_640
複数の発電所を遠隔から監視制御するシステムでリモート監視により、設備の稼動具合、発電状況をリアルタイムでモニタリングし、必要に応じて設備の制御、監視カメラによる侵入者の検知、気象情報の把握などトータルに監視制御しています。

  介護を快適にするIoT

room-928653_640
専用のセンサーをベッドのシーツや枕もとなどに設置し、
寝る人の動きを感知し、その情報をインターネット上へ集積
異変を感知するとあらかじめ登録しておいた家族やヘルパーに自動で連絡を送ります。

  大型商業施設の空調を自動で快適環境に

shopping-1165437_640
大型の商業施設では、快適な店内環境を維持するために、空調などの設備を調整することが欠かせません。
人が施設を巡回してデータを計測するのが一般的だったこの従来の施設管理を
店内各所に設置したセンサーでデータを自動計測し、クラウド上に集約することで、これまでかかっていた膨大な人員・時間を削減しながらデータの一括管理が可能になりました。

鍵管理システム「リアルタイムキーマネージャー(RTKM)」には産業用制御コンピューターが搭載されているため、
このような施設運営に役立つ様々な機器と連動が可能です。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
s-rtkmlink

shiryo mitsumori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加