太陽光発電施設の管理を、全て1台で実現【費用削減&最新技術】

  太陽光発電施設を管理している方より、こんな声を頂きましました。

solorpn (4)

1.  より正確に施設を管理して、情報をもっと見える化したい

2. 無駄なコストが多い。費用をできる限り削減したい

3. セキュリティや入退室等の管理をWeb等で一括で行いたい

実はその悩み、リアルタイムキーマネージャーのシステムで全て解決できます。

manthinking

  RTKMがあれば

rtm_exe48_3

  監視・管理

6410e797036c673dbbef31ce4dfe150b_s

WEB端末のプラットフォームにより、場内のPV監視

  24時間、遠隔監視

solorpn (2)

電気設備の自動制御、防犯カメラ、各種センサーと連動し、遠隔監視

  お知らせ・警報

danger

場内のトラブル、パネルの故障があった時にはメールや警報で通知
発電量低下や異常事態を早期に発見でき、対応・復旧を迅速化させます。

  機器連動

rendou

様々な設備と連動し、情報を一括管理・操作。
入退室管理や場内監視を行い、履歴も確認可能です。

RTKMを紹介した事で、「こんな便利なシステムが欲しかった」と、喜びの声を頂きました。

pcmentenance

  使い方はとても簡単

定期メンテナンス等で、外部の方が施設を訪れた時

1.利用許可・・・施設管理者は訪問者に連絡し、WEBサイトに利用登録。鍵利用の許可を出します。

2.認証・・・訪問者が施設入口のキーボックスに到着。ICカードまたは暗証番号を使い、ID認証を行います。

3.鍵貸出・・・キーボックスが鍵を自動貸出。使用後も同じく認証を行い、キーボックスに鍵を返却します。

4.履歴確認・・・施設管理者は管理サイトで利用履歴を確認。異常発生時はメールで通知し、トラブルや不正利用を防ぎます。

メンテナンス時の現場立会いが不要、施設管理のコストを大幅に削減!

  システム概要

リアルタイムキーマネージャーは、クラウドサーバー上の予約アプリケーションと本体機器を連動させ
鍵の管理、電気設備の自動制御・利用者入退室などの一元管理を実現します

solarsystem

  複雑な工事は不要。簡単な設置作業で導入できます。

現場の設置に必要なものはリアルタイムキーマネージャー本体・電源ケーブル・インターネット環境だけ。
運用には、お手持ちのPC・スマートフォン・ICカード(Suicaなど)をそのままご利用いただけます。

  システムの運用に必要なもの

RTKM本体、PC、インターネット環境

pcman
  施設のユーザーが使用するもの

PC、スマートフォン、タブレットと、ICカード(Suica PASMO、おサイフケータイなど))

pcsmphone
  導入までの流れ、製品仕様

dounyu

リアルタイムキーマネージャーについて、是非お気軽に相談下さい。

s-rtkmlink

shiryo mitsumori
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

サービス

social

PAGE TOP