太陽光発電システムで利益は出るのか?

太陽光システムの導入を検討されている方、既に設置しているが疑問や不安がある方、是非下記内容に目を通して発電による収益化について知識を深めて下さい。

太陽光パネルの営業マンに、こう言われました

eigyouman
「ソーラーパネルは、とても手堅い投資で10年後には必ず利益が出るようになります。」
「以前と比べて売電価格が下がってきているので、今がラストチャンスです。」
「ひとまずシミュレーションをしてみて、良さそうな数値が出たら検討して下さいね。」

最近では一般住宅でもソーラーシステムをよく見かけます。モジュール価格も下がってきていますので身近に感じるようになりました。
1戸建ての屋根位の大きさであれば200万円以内で設置開始可能で、年間十数万円分程度の電力を蓄えてくれます。
家庭で使用する電気代が賄え、余剰電力を売却することができるため10年程度先を見越せばプラスになるという仕組みです。

father

ですが、「本当に利益が出るの?」と不安に思う方も多いでしょう。
果たして営業マン達が言う程、導入を急ぐべきなのか。
詳しく解説致します。

  収益の試算

keisan

・初期システム、設置費用
・メンテナンス、管理費用
から
・県や市からの補助金
・導入により発電された電力の価値
を差し引いた金額が、
どの程度プラスになるのかを仮計算していきます。

  初期費用

ソーラーパネルの初期費用は、システム機器本体と設置工事費です。

費用については、補助金も執行している「太陽光発電協会」(J-PEA)のサイトに情報があります。
こちら

システム費用は、パナソニック、東芝、シャープの単結晶タイプであれば1キロワットあたり約32万円で販売されています。
4キロワットのシステムを導入すると、ざっくりですが4×32=128万円で導入できます。

  メンテナンス費用

システムは20年以上の長期寿命で、メンテナンスコストがあまり掛からないと言われていますが、全くゼロというわけではありません。
定期的な点検、充電量の管理、そして一番トラブルが起きやすいパワーコンディショナーの修理、交換費用が発生します。

生成された電力を交流に交換する装置で、電池部分とは違いあくまでも機械であるため20年以内に交換する例が多いです。
その交換費用は約20万円程度です。
点検、管理、交換を合計すると、年間当たり1万円程度のメンテナンス費用が発生すると考えておくべきでしょう。

  県や市からの補助金

以前は申請すれば国からの補助金を受けられましたが、平成26年3月31日で終了しています。
現在は、各県と市が定めた制度があり、それぞれ受け取られる金額も変わります。
東京都の場合、「太陽光発電システム:2万円/kw、上限は10万円」としていますので、4キロワットのシステムであれば8万円の補助が目安です。

  売電価格

現在1キロワットあたり33円となっており、年々下がってきています。
(平成22年度では48円、毎年数円程度値下げされている)
売電に掛かる費用負担が増大していることから、数年後には24円程度まで引き下がると予想されています。

  年間の発電量

関東の平均が年間1キロワットあたり約1143キロワットの発電量ですので、4キロワットで4574キロワットの電力を生み出せます。
※地域や条件(日当たり時間の長さ等)、屋根の形状、積雪・影の影響等で発電量は大きく変わります。日本全国では1kW容量のシステム当たりの年間850~1200kWh程度のばらつきが出ます。

この4574キロワット全てが売電できるわけではなく、実際に売電できる量は80%程度です。
80%だと3659キロワットが売電できる分になります。

これを金額に直すと
売電できた金額=3659キロワット×33円=120,747円
残りの20%分を家庭の電気代に使用する場合の金額=915キロワット×26円(電気料金の平均)=23,790円

  年間利益

合計で144,537円が年間利益です。
ここからメンテナンス費用の約1万円が差し引かれます。

導入費132万円で、年間に13万円の利益を生み出してくれるのでシステム代を回収できる期間は約10年と計算できます。

  総評

現在の条件(売電価格33円程度、保障、補助金)であれば、導入を検討してみても良いでしょう。
この条件は年々悪くなるとされていますので、数年後はメリットが下がってしまいます。

太陽光パネルを管理するシステムのご紹介

rtm_exe48_3

当社では、太陽光発電施設の管理を、全て1台で実現するRTKMというシステムを製造しています。
主な機能として、
・監視、PV管理、データの見える化、お知らせ機能など
又、鍵管理、予約管理、履歴管理、出退勤管理、空きスペースのレンタル化などの豊富な機能があります。
詳しくはこちら

太陽光発電施設の管理を、全て1台で実現【費用削減&最新技術】

ソーラーパネルについて、RTKMについて不明点などありましたら是非お気軽にご相談下さい。
demobunner

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう

サービス

social

PAGE TOP